Skip to content


Facebook Connectに見る未来のソーシャルウェブ

DataPortabilityを実現するData AvailabilityやFacebook Connect、FriendConnectの技術が公表されて半年が経ちますが、ようやくこれらを実際に使ったサービスが登場してきました。

これまでのFacebookやOpenSocialにおけるガジェットや埋め込み型アプリケーションは、中心となるソーシャルネットワークに外部サービスが機能を提供する形でプラグインするものばかりでした。Data AvailabilityやFacebook Connectは逆に、RESTful API等を活用して外部サービスにソーシャルネットワークをエキスポートします。今日はCitysearchというサービスで実現されたFacebook Connectを例に、これからのソーシャルウェブの具体的なカタチを紹介したいと思います。

CitysearchがFacebook Connectにβ対応

僕の知る限り、これが初のまともなFacebook Connect対応 / DataPortability対応のサービスです。

Citysearchは、レストランやホテル等、実際に利用した人がレビューを書いて共有するタイプのソーシャルネットワークです。

よく見ると画面右上に”Sign In Using Facebook”の文字があります。

早速クリックしてログインを試みます。

認証

Lightbox風のダイアログがポップアップして、Facebookアカウントを使ってサインインしても良いかの確認が。

ここで重要なのは

  • Citysearchのロゴが入っている。つまり、FacebookとCitysearchの間には、自動化されているにしろ、事前に何かしらのやりとりがあったことが伺える。
  • このダイアログはiframeです。僕の場合は既にFacebookにログイン状態だったので確認しか表示されませんでしたが、ログインしていない場合は(フィッシング対策として)別ウィンドウがポップアップしてFacebookのIDとパスワードを求めるようです。
  • 利用規約に同意する必要があります。地味ながら、日本での法的なハードルも今後課題になるとは思われます。

サービス登録

コネクトすると、未登録のためメンバー名を求められます。既存アカウントが無い人のために用意されているようです。ここでもいくつかポイントがあります。

  • Facebookの認証は独自方式ですが、これがオープン仕様ならOAuth/OpenIDのコンボになると考えられます。つまり、Facebookの独自方式では認証と認可が同時に行われているようです。
  • この後分かりますが、できあがったアカウントにはFacebookのプロフィール写真、名前、友達リストが少なくともインポートされています。オープン仕様であればOpenIDでsregを使ってニックネームとプロフィール写真を、OAuthで友達リストをインポートすることになるのでしょうか。OAuthだけでもいいかもしれません。
  • “Merge your Facebook profile with an existing Citysearch account?”というリンクが用意されています。既存アカウントとOpenIDをマージできるサービスが少ない事を考えると、なかなか気が利いています。
  • ここではCitysearch自体の利用規約に同意させているようです。

コネクト完了

ログインしてみると、画面右上に自分のFacebookプロフィールの写真が表示されています。

マイページには自分の名前とプロフィール写真しか掲載されていません。他にエキスポートされる情報があるかは未調査です。

ここが最大のミソになる、友達リストです。残念ながら”None of your Facebook friends are Citysearch members”とあるように、両方に登録しているFacebook friendsしか友達として表示されないようです。ここで未登録の友達も表示して、”Citysearchに招待する”なんて機能があってもいい気がします。

フィードバックとなるアクティビティ

さて、ここまで見てきたものはすべてCitysearch上の画面でした。Facebookは自身が持つデータを提供するばかりで、考えてみればいいことなど何ひとつないように見えます。広告を貼る方法だって見つけられません。では、なぜ惜しげもなくソーシャルグラフを提供するのでしょうか?

実は、Facebook ConnectはアクティビティをFacebookにフィードバックする仕組みを持っており、これによってFacebookはコネクトされたサービスのアグリゲータになれるからなのです。下記画像の「掲示板に記事を掲載」とあるのがこの部分です。OpenSocialで言えばアクティビティストリームがこれに当たります。

実際の画面イメージを掲載したいところですが、Citysearchにレビューを書く勇気がないのでJohn McCrea氏のサンプルにリンクしておきます。

アクティビティのアグリゲータになることは、トラフィックを集める上で非常に重要な戦略です。Facebookにさえ来れば、友達が関わる様々なサービス上の活動を一目で確認することができるのです。今まで知らなかったサービスも、友達を介して知ることができます。さらに、集めたアクティビティにはこんな利用法もあり、様々なマネタイズの可能性も秘めていると言えます。

参考サイト

Comments

comments

Powered by Facebook Comments

Posted in DataPortability, Facebook, Service, SocialWeb.

Tagged with .


0 Responses

Stay in touch with the conversation, subscribe to the RSS feed for comments on this post.



Some HTML is OK

or, reply to this post via trackback.